2008年05月24日

本の紹介:「君と白血病−この1日を貴重な1日に−」

からだのこと、病気のこと、治療や検査について子どもに説明するときに役立つ本です。

まずは体の中の細胞や器官とその系列、血液の役割のはなしから始まります。各ページにイラストが入っていますので、「細胞」といってもイメージできない子どもたちに、わかりやすいイラストを見ながら話を進めていくことができます。

そして、白血病とはどのような病気なのか、原因は何か、診断方法、治療のこと(化学療法・放射線療法・免疫療法・骨髄移植・ルンバール・CV・輸血・合併症)、白血病と一緒に生きていくということ、そして、この1日を貴重な一日にするためには・・・。

その中でも一番心に残っているのは「君が白血病になったのは、誰のせいでもないし、誰にもどうしようもなかったんだ」という言葉です。いまだに白血病の原因は不明です。いろいろと模索しているうちに、自分が何かしたから悪かったのかと思うこともありました。そんな時この言葉に支えられました。原因追求することよりも、この1日を貴重な一日にするために前を向かなくてはいけないと思いました。

用語解説や用語から索引することもできます。また、聞いたことを書き込める白いページも用意されているので、そこに書き込んでいくことができます。専門書を読むよりずっとわかりやすい白血病の本。ご両親にもおすすめの一冊です。

詳細:君と白血病―この1日を貴重な1日に

携帯からのアクセスはこちらから
posted by はな at 09:29| Comment(0) | 各種情報・手続き

2008年05月12日

岐阜新聞に掲載

長期入院の子どもたち 医師不足、万全ケア困難

 またにゅういんせいかつがはじまりました。ちょっとしょうがっこうをおやすみしました。またはんとしくらいおやすみし(す)るかな?としんぱいです。またちゅうしゃをのりこえていきます。がんばります―。

 2006(平成18)年6月8日、覚えたての字で決意を込めた日記をしたためたのは、三品雅貴君=当時(6つ)=。05年に急性リンパ性白血病と診断され、治療途中で再発し、この日記を書いた。しかしこの後、さらに2回の再発を繰り返し、07年2月13日に7歳で他界した。

 幼い雅貴君をみとった母・貴恵さん(43)=加茂郡川辺町=は、治療を振り返って「子どもの変化に気づき、痛みや治療のつらさを病院に訴えられるのは親しかいない」と話す。病気や治療の意味を理解しきれない子どもが、医師や看護師に直接訴えることは難しい。「もっと別の方法はないか」と、病院と改善の方法を話し合うには家族の力が必要だ。

 岐阜大学医学部付属病院小児科の舩戸道徳医師もまた、「小児科は第三者が気付く医療」と話す。

 大人以上に多くの目が必要な子どもの患者。しかし、専門知識を持った医師は多忙を極め、入院する重症患者の方ばかりを向いてはいられない。外来の初診や救急をはじめ、高度医療を必要とする患者が県内各地から運ばれてくる。担当患者の容体が悪化すると当直以外の泊まり込みも行う。

 舩戸医師は「小児科はマンパワーの現場。医師不足でなければ、本来小児科は親やきょうだいの心のケアまで十分にできるのが理想」と話す。多忙な医師の背中を見つめる患者家族らも「先生は大変そう。もっと小児科の層が厚かったら…」という願いを持つ。

 貴恵さんは昨年8月、子どもが長期入院を経験した親たちで、入院生活を送る子どもたちを喜ばせるようなイベントの企画や、付き添い家族の手助けなどを目的に「わたぼうしの会」を発足させた。今年3月、同病院の小児科には同会が初めて企画したバルーンアートのイベントにはしゃぐ子どもたちの笑顔があふれた。多忙な小児科の現場に、緩やかなひとときが流れた。

 「どれだけできるか分からないけれど、子どもたちと家族の心が明るくなればうれしい」と貴恵さんは目を細めた。

2008年 5月11日 岐阜新聞
20080511.gif
画像をクリックすると、別ウィンドウで原寸表示します。
posted by はな at 22:46| Comment(0) | 活動報告

2008年05月06日

母の日・父の日に使ってね

20080506.jpgもうすぐ母の日、そして来月は父の日ですね。

子どもからもらった手紙は、親にとって何よりの宝物です。

病院で一番頑張っているのは、治療を受ける子どもたち。
でも、お父さんやお母さんも、たくさんの心配をかかえて頑張っています。

そんなお父さんやお母さんに、子どもからのメッセージを届けたいなぁ・・・・
という思いで、メッセージカードを作りました。

看護師さんを通じて、入院中の子どもたちに渡してもらいます。
子どもがどんなメッセージを書いて渡してくれるのかな・・・・

母の日、父の日に、どうぞメッセージが届きますように。

そして、お父さん・お母さんに勇気がわいてきますように・・・・・

とびちゃん
posted by はな at 14:32| Comment(0) | 活動報告

2008年05月04日

ぬりえ工作☆さかなつりセット お届けします

20080504.jpg連休、外泊のお友だちも多いかな?
でも、がんばって治療しているお友だちも多いことでしょう。

やっと新しい「ぬりえ工作」、できました。

今回は45セットお届けしますね。
「お弁当」も「アンパンマン」もたくさん持って行きます。

また、遊んでね!

とびちゃん
posted by はな at 11:28| Comment(0) | 活動報告