2012年01月07日

1/22 小児血液がん研究成果発表会「小児血液がんの治療の現状と展望」一般向け/愛知県

厚生労働科学研究(がん臨床研究)推進事業研究発表会(一般向け)

「小児血液がん(白血病とリンパ腫)の治療の現状と展望」

日時 2012年1月22日(日)13:30〜16:30 入場無料

場所 栄ガスビル(ガスホール)名古屋市栄中区栄3-15-33

内容(講師、所属・役職)
1.小児白血病・リンパ腫研究の動向
(堀部敬三、名古屋医療センター・臨床研究センター長)
2.急性リンパ性白血病の治療
(渡辺新、中通総合病院・小児科統括科長)
3.乳児白血病の治療
(康勝好、埼玉県立小児医療センター・血液腫瘍科科長兼副部長)
4.急性骨髄性白血病の治療
(足立壮一、京都大学・人間健康科学科教授)
5.リンパ腫の治療
(鶴澤正仁、愛知医科大学・小児科教授)
6.小児白血病・リンパ腫治療における分子標的薬の役割
(真部淳、聖路加国際病院・小児科医長)
7.治療終了後の諸問題と長期フォローアップ
(石田也寸志、聖路加国際病院・小児科医長)

主催 厚生労働省がん臨床研究事業
  「小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究」班
  (研究代表者:堀部敬三)

共催 公益財団法人日本対がん協会

後援 愛知県、名古屋市、財団法人がんの子供を守る会、NPO法人 臨床研究支援機構
posted by はな at 17:46| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: